水素水を飲むと疲れにくくなるって本当?

最近話題の水素水。
美容にも、健康にもいいと話題になっていますが、
最近では、「水素水を飲むと運動しても疲れない」ということが、実際の検証結果で発表されました。

水素水を飲むと疲れにくくなる


「筋疲労の回復」を―テーマに10年にわたって研究を続けている、筑波大学人間総合科学研究科の宮川俊平教授が、2012年に国際医学専門誌の「Medical Gas Research」に、「アスリートによる急激な運動後の筋肉疲労に対する水素水の効果」というレポートを発表しました。


検証内容は、サッカー部の学生10人に、朝起きてすぐに500ml、練習直前に500ml、就寝前に500ml、
合計1日1.5Lの水素水を飲んでもらって、運動後に筋疲労を測定。
運動内容は、自転車型エルルゴメータ 30分、100回の足の屈伸運動。
運動後の血液検査と、筋電図で筋肉疲労度を判定。
同じメンバーに、普通の水を同じように摂取したときに比べて、
水素水を飲んだ時の方が、乳酸値は約8割くらいに。
筋疲労で出るクレアキチンナーゼという酵素もやや低下していたとのこと。

つまり、水素水を飲むと疲労が少なくなるということが、この実験結果でわかりました。

これにより、水素水が健康にいいといわれている裏付けが取れたといえますね。

参考文献:太田成男(2013) 水素水とサビない身体 小学館


もっと知りたい水素の効果