水素水愛飲者が語る水素水の効果

身体が軽くなった。風邪をひかなくなった。

そもそも水素水は活性酸素をやっつけてくれるので、活性酸素による害が減り、身体全体の調子がよくなります。
風邪の原因はウィルスの侵入ですが、最近やウィルスの感染を防ぐには免疫を高めること。
もとから体調がいい方は、さらに免疫機能も向上するようです。

二日酔いしなくかった。
二日酔いも活性酸素の害のひとつです。
飲む前に飲んでも、飲む後に飲んでも、二日酔いになってから飲んでも水素水は効果的です。
一番効果的なのは、アルコールを飲んだすぐあとです。
キツイお酒を飲むときは、チェイサーに水素水を飲むといいですね。

疲れが残らなくなった。
乳酸がたまると疲れたように感じます。実際は乳酸がなくなったあとにもつ彼は残ります。
活性酸素の害によって、壊れた部分が完全に修復されていない状態が「疲れ」。
水素が活性酸素の害を防ぐので、疲れにくくなります。

ダイエット効果で痩せた。
水素は、エネルギー代謝を活発にするホルモンを増やす作用があります。
さらに脂肪を燃やす酵素が増加して、脂肪が燃えやすい体質になります。

筋肉痛がなくなった。傷が治るのが早くなった。
筋肉痛は筋肉の線維が切れて炎症ができている状態です。
活性酸素の害から筋肉を守ってくれるので、筋肉痛がやわらぎ、傷を早く直してくれます。

尿が出やすくなった。
水素のデメリットともいわれているのが、「トイレが近くなる」という点。
これは腎臓の機能がよくなっているためと考えられます。
腎臓の機能がよくなって、尿がでやすいということは、身体の中の老廃物がしっかりと排出されているということになります。

汗をかきやすくなった。
水素水を飲んで運動したり、入浴したりすると身体の内部の温度が高くなることがわかっています。
つまり、エネルギー代謝が高くなります。

肩こりがなくなった。
肩こりというのは、生活習慣が引き起こす筋肉痛の一種です。
水素は血行をよくして、炎症を抑える作用があるので肩こりもやわらぐといえます。

花粉症が軽くなった、アトピーの症状が治まった。
アトピーや花粉症はアレルギーによる炎症反応です。
水素は炎症を抑える効果があるので、症状が緩和すると考えれます。

EDが改善した。
EDは血管の柔軟性が失われるというのが原因と考えられています。
動脈硬化抑制効果がある水素が、EDに効果があっても不思議はありません。

その他にも、さまざまな病気がよくなったという体験談が、各メーカーに寄せられています。

  • 便秘しなくなった。
  • ぐっすり眠れるようになった。
  • 血圧が下がった。
  • くすみがとれて、肌がきれいになった。
  • シミが薄くなった。シワが減った。
  • 髪の毛が染まりやすくなった。キレイになった。

どうでしょうか?
スゴイ水素水の効果・効能。

現在、水素水は医療の現場で活躍しています。
患部に直接水素水を注射するという治療もおこなわれています。
実際に、肩こりやスポーツ選手の膝痛、リウマチ患者にも効果が認められています。

そんな水素ですが、水素を体に摂り入れる方法はというと・・・
  • 水素水の印欧
  • 注射・点滴
  • 水素ふと
  • 水素発生化粧クリーム
  • 水素ガス

このうち一番身近で簡単に水素を体に摂り入れることができるのが、「水素水の飲用」です。




参考文献:太田成男(2013) 水素水とサビない身体 小学館