トラストウォーターVSアキュエラ

水素水は、「高濃度と残存度が肝」と言われていますが、
トラストウォーターが3.0ppmで高濃度といわれつつも、さらに高濃度な7.0ppmのアキュエラ、それぞれの特徴を比較してみます。

  トラストウォーター アキュエラ(Aquela)
トラストウォーター アキュエラ(aquela)
水素濃度 3.0ppm 7.0ppm
タイプ 水素水 水素水発生剤
容量 200ml 500ml(1回分)
容器 アルミパウチ(特殊4層構造) 専用耐圧ペットボトル(約2か月ごと交換要)
初回お試し 6,980円(35個)) 6,800円(30回分)
定期コース 6,980円 6,900円
通常購入 9,980円
1回あたり定期コース換算 333円(200ml) 230円※ペットボトル代含まず
100ml当たり単価 166円 46円
公式サイト トラストウォーター公式サイトへ アキュエラ公式サイトへ

アキュエラ(aquela) トラストウォーター

こうしてみると、アキュエラの7.0ppmというのに心惹かれるんですが、
アキュエラとトラストウォーターの最大の違いは、

  • トラストウォーターは、水素水
  • アキュエラは、水素発生剤

であるということなんですね。

確かにアキュエラの7.0ppm水素水というのは、週刊誌でも「水素値は最大」と発表されているんですが、濃度を維持できるのは発生から約1時間ほど
作ってすぐに飲まないと意味がないということなんです。

それに対して、トラストウォーターは、特殊加工のアルミパウチでのお届けなので、いつでもどこでも高濃度の水素水を飲むことができるというのが最大のメリットです。

コストパフォーマンスは、自分で作る分だけアキュエラのほうが安くできます。

手間と簡単さ、コスト、そのあたりをどちらを優先するかということになりますね。

手間が面倒でなく、作ってすぐに飲める生活スタイルであれば、やはりさらに高濃度のアキュエラの水素水7.0ppmがお勧めです。

トラストウォーター

  • 水素濃度:3.0ppm
  • お届け状態:アルミパウチ
  • 初回特典:15個無料プレゼント
  • 定期コース:6,980円(30個)
  • 通常購入:9,9800円(30個)
※通常購入は別途送料と代行手数料が必要。

≫トラストウォーターお試しセットはこちら≪


7.0ppm水素水 アキュエラ

  • 水素濃度:7.0ppm
  • お届け状態:超過飽和水素発生剤(30包)、専用耐圧ペットボトル(2本)、溶存水素濃度判定試薬(1回分)、カプセル2個
  • 初回お試しセット:6800円(30回分)
  • 定期コース:超過飽和水素発生剤(30包3か月以上継続が条件)
※2か月に1回程度、専用耐圧ペットボトルの交換が必要。(1本247円 3本から)

≫アキュエラ お試しセットはこちら≪>




最後に!

実は、水素水7.0ppmアキュエラも、製造はトラストウォーターでした。!

アキュエラ 通販

↑トラストウォーターとロゴが同じですね。